ソーシャルネットワーク

メモする

プロジェクト管理のグループウェアは、社内SNSによってより簡単でリーズナブルに導入することが可能です。
プロジェクトを成功させるための管理ツールを、社内SNSという形で利用することで、ネットワークを活かした情報管理に役立てられます。
プロジェクト管理ができる確かな社内SNSのグループウェアを活用して、企業が大きなプロジェクトを遂行する際に遭遇しがちな問題を、解決に導くことができます。

また、プロジェクトの管理は、その社内SNSのグループウェアシステムを管理するスタッフがいてこそ、滞りなく行う事ができます。
ソフトウェアと人材の確保で、プロジェクト管理がうまくいきます。

効率的なプロジェクト

ノートに書く

プロジェクトを成功させるために、プロジェクト管理を行い効率よく物事を進めて行く必要があります。
必要な工数やそれが完了するまでに掛かる時間や人員、進捗やトラブル時の対処と言った様々な要素があり、それを一元に管理するためにプロジェクト管理ソフトが用いられます。
プロジェクト管理ソフトは基本的にグループウェア、或いは社内SNSのどちらかが利用されます。
どちらも複数のソフトを同時に扱えるソフトウェアですが、細かいところで違いが出てくるため、会社に応じてグループウェアと社内SNSを使い分ける必要が出てきます。

グループウェアと社内SNSの一番大きな違いはトップダウン型の掲示板形式とボトムアップ方式のコミュニケーションにあります。
前者は議題を一番上の立場の人が挙げ、それに対して意見を出して行くためしっかりと考えて意見が出てきますが、後者の場合は自由度が高く、新しいアイディアが偶然生まれやすい形になります。
また機能的にはどちらも同じものが付属していますが、グループウェアだとそれぞれの機能が独立している場合が多く、社内SNSの場合だと、ウォールに集約しているためそのチームやグループごとに集約したソフトの利用ができ複数のソフトを複合的に利用することが可能になり、情報交換を行いやすいメリットがあります。

プロジェクト管理を行ううえで、どちらのタイプのソフトを利用する場合でもメリットデメリットがありますので、状況や目的に応じて使い分けるのがベストではないでしょうか。

業務管理の未来

通信

プロジェクト管理を行う上で、グループウェアの活用はすでにどの企業でも行なっています。
プロジェクトに関わる全てのメンバーがアクセスできるグループウェアを通して、その業務の進行具合はもちろんのこと、メンバーの成果の把握からその評価に至るまで、人事に関わる業務にも活用されています。
これまで比較的プロジェクト管理において課題とされてきた、問題点の洗い出しもこのグループウェアを活用することで容易になってきています。

社内SNSを利用することによって、メンバーの様々な意見を集めることにより、起こりうる問題やその発生するリスクの把握が行えるようになりました。
そもそも、ミスや事故のリスクは現場では割と把握されているものですが、わざわざ報告する習慣が無いということもあって、上の管理者まで届いていないのです。
それを、グループウェアの社内SNSを使ってもらうことで、特に意識することなく多くの意見が出るようになり、その分析によってリスクの把握が可能となるわけです。

そしてその課題発見はプロジェクト管理において、大きな利点となります。
何か事故が発生してからでは、その対処に追われてパフォーマンスが大きく低下するからです。
社内SNSという性質上、メンバーは抵抗なく様々な意見を上げるようになります。
そしてそれを上手くプロジェクト管理へと反映させるシステムさえあれば、効率よく事故を防ぐことができます。
また、社内SNSであればその構築や維持にコストがかからないという利点もあります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031